中央道リニューアル工事 中央道リニューアル工事 中央道リニューアル工事

工事概要

高速道路ネットワーク機能を長期にわたって健全に保つため、
調布インターチェンジ(IC)ランプ橋の老朽化したコンクリート床版を新しい床版に取替える工事をおこなっております。

ランプとは?

床版下面の状況

調布ICは1967年の使用開始から50年が経過しました。
これからも24時間365日安全に走行いただくために、老朽化したランプ橋の床版取替工事が必要になっています。

床版取替とは?

床版取替とは?

高速道路をご利用のお客さま及び沿線の皆さまには工事規制に伴うご不便やご迷惑をおかけいたしますが、
最小限となるよう取り組んでまいりますので、ご理解とご協力をお願いいたします。

  • 工事手順

  • 工事全体のスケジュール

    調布IC ランプ橋 床版取替工事では、仮橋設置工事から各ランプの床版取替工事をおこない、2018年度 冬の仮橋撤去までの工事を予定しております。

    平成29年

    国道20号夜間通行止めは、終了しました。ご協力ありがとうございました。

    お客さまへの影響が最小限となるよう工事期間中の迂回路となる仮ランプ橋の架設工事を実施いたしました。皆さまのご理解とご協力をいただきまして、予定していた工事を無事、完了することができました。

    平成30年

    平成30年

    平成31年

    仮ランプ橋撤去工事は、終了しました。ご協力ありがとうございました。

    ICランプの床版取替工事のため運用しておりました、仮ランプ橋の撤去工事は予定通り完了いたしました。

    工事完了

    調布ICランプ橋床板取替工事は、予定していたすべての工事が無事に完了いたしました。
    工事へのご理解とご協力をいただきまして誠にありがとうございました。

  • ご迷惑を最小限にとどめるため、
    ランプを閉鎖せずにおこないました。

    通常の床版取替工事の場合、工事期間中はICランプを長時間閉鎖する必要がありますが、今回は、工事期間中もランプをご利用いただけるよう、仮ランプ橋を設置して工事をおこないました。
    皆さまのご理解とご協力ありがとうございました。

    ※現在は通常運用に戻りました。